2006.4.5(WED) 味の蔵 だるま アコースティックライヴ

2003年9月からメンバーがお世話になっている御食事処【味の蔵 だるま】でライヴです。


料理の美味しさとマスターご家族の温かい人柄にいつも癒されているTRIUNITY。
ライヴやスタジオ練習後には頻繁に通い詰め、いつしか3人カウンターに座ってお話する仲になりました。

発表したばかりのCDをプレゼントしに行くと”ウチのお客さまに聞かせたいから何枚か置いておいて”
などという願ってもない言葉をいただき、ポスターまで貼っていただくことになったのです。





今回のライヴ・・・
3/24ラジオの生出演後の打ち上げで散々盛り上がった挙句の帰り際、
お母さんが呟いた一言から急遽実現させた企画でした。

 「一度ライヴ行ってみたいんだけど、土日はお店休めないから行けそうになくて」

それを聞いた瞬間、メンバー3人お互い顔を見合わせて即答したのを覚えています。

 「じゃ、マスターご家族のためだけに、ここでライヴやらない?」

マスターご家族が大喜びしてくださったのを見た私たちがどれほど嬉しかったか・・・
すぐに日取りを決め、深夜3時ごろお店をあとにしたTRIUNITYでした。

それにしても、素朴で大胆な企画だと思いません?(笑)





ライヴ当日はサプライズの連続でした。

当初はマスターご家族のためだけの企画だったのが、お客さまが増えている!
【味の蔵 だるま】の常連さん、某メンバーのファン(ありがたや★)、メンバーのお友達(車つながり)、
12名のお客さまとマスターご家族4名が集まってくださっていました。
しかも、お店の一角がステージとして整えられてあったのですよ。
何て幸せなんだろう、私たち。


アコースティックギター+アコースティックベース+マイクを通さない声でのシンプルなライヴですが、
お店の広さは、3人でのこじんまりした演奏するのにちょうど良い響きをもたらしてくれました。

今までのライヴで一番心地良い音の響き、そして何よりお客さまの温かさ・・・
こんなにストレスを感じない気持ち良いライヴは、TRIUNITY史上初めてだったと思います。
心地良さはメンバーの中で増幅され、とてつもないエネルギーに変換されたようでした。

そういえば最初は3曲くらいの演奏予定だったはずなのに、いつの間にか9曲も演奏してるし。
プチ・ライヴどころか、しっかりワンマン・ライヴ並みの格になってるじゃないですか。

すでにCDを聞いてくださった方にも、初めて私たちの音を聞いて下さった方にも、
私たちのライヴは楽しんでいただけたようです。
どんなに高音質で録音した音楽よりもライヴの方が説得力があるのだと改めて感じました。





ライヴには魔法がある・・・
その魔法は、お客さまと演奏者が一体になって初めて生まれるのですね。
何が嬉しいって、お客さまも演奏者も平等に魔法にかかれたってことかしら。

【味の蔵 だるま】という空間で料理の美味しさを超越して集ったお客さまと私たち、
この素敵な時間を作ったのはマスターご家族の人柄以外考えられません。
本当にありがとうございました。


この夜のこと、きっと一生忘れないと思います。



(2006.4.12 by mic)



◆ SET LIST ◆


  @ Black Bird

  A ノスタルジア

  B Wednesday Wind

  C Dee

  D Home

  E I Remember You

  F Sweet Nothings

  G Myosotis(ミオソティス)〜君に贈る花〜

おまけ All Of Me




Copyright2002[3 Wishes Music Records] ALL RIGHTS RESERVED.
TRIUNITY Official Web Site